プラチナについて詳しい情報をお届けします。

プラチナインゴット

プラチナの種類は・・・

 

プラチナといってもいろいろな純度の商品があります。
刻印はPt1000・Pt950・Pt900・Pt850が主流です。
Pt1000は白金とも言われプラチナ純度100%という意味
Pt900はプラチナの純度90%つまり残りの10%が他のパラジウムなどの希少貴金属が入っているということです
ちなみにPt950は95%、Pt850は85%のプラチナの含有量です。


Pt1000 白金 99.9%
Pt950 95%
Pt900 90%
Pt850 85%

ダイヤ入りのプラチナエンゲージリング

日本の結婚指輪や婚約指輪などのエンゲージリングはプラチナが良く使われます。
それはダイヤモンドをより輝かせる素材色であるのと、永遠に素材が劣化や変色が無く永遠の愛とかけている意味合いもあります。

緑区のオススメ買取店

買取後のプラチナの使い道

買取後のプラチナはどうなるか・・・?

装飾品としての利用

買取後、プラチナは溶かされ真新しいエンゲージリングになります。

医療に利用

カテーテル手術のコイル塞栓術のプラチナ製のコイルやペースメーカーに利用されます。

工業用品として利用

車の触媒や燃料電池に利用されますが、新しい素材も開発されている段階にもあります。

 

※その他、携帯電話やハードディスクなど

 

過去20年の金の値段(年平均)

プラチナ平均価格年推移
※ グラフでもわかるように1994年ごろは1g1300円台の値段が!2008年は1gあたり5000円オーバーし、最高で1g7500越えも約5倍以上の値段が付いています。プラチナも希少貴金属で価格の推移は激しく動きます。

プラチナの価格動向

プラチナを使う車

プラチナは車の触媒や燃料電池にたくさんのプラチナが使われます、なので今後電気自動車が主流になればプラチナの需要が減り、ハイブリッド車など燃料電池と触媒が使われる車が主流になればプラチナの価値が高まり値上がりします。しかし高騰すれば開発が進むのが過去の歴史にはあり、プラチナに変わる素材が開発されてきています、そうなった場合プラチナの使用頻度が減り価格は抑えられると言われています。


名古屋の貴金属買取店舗詳細情報

トップへ戻る